日本企業のレジリアンス経営の現状と課題 1つの工場だけで

日本企業のレジリアンス経営の現状と課題 1つの工場だけで。基本的に行政の想定は全体として甘いと思います例えば想定されている南海トラフを震源とした広域の地震の場合の最大の被害では建物倒壊に伴う死亡約6万人?要救助者数約25万人。南海トラフ地震の被害想定って、甘すぎたり

例えば、韓国への輸出規制で話題の高純度のフッ化水素で作っているのか調べてら、日本のフッ化水素会社3社のうち、市場 ほぼ独占ている一社の工場

最大震度6弱、津波3?4メートル、ほぼ液状化するであろう産業廃棄物の埋め立てで出来た堺泉北港の埠頭あるこわかりまて

こ工場やられる、世界中巻き込んで、半導体じめ色んなのの製造ストップない減産、日本国内への影響だけでかなりのので

1つの工場だけで、日本の製造業密集する南海トラフ地震の震源域、こんな感じの、ある工場壊滅たら日本中の特定分野の製造業全て止まりかねないような、影響力大きい工場などゾロゾロてる気まて

南海トラフ地震の被害想定って実甘すぎたり 見たくないことを直視して必ずくる震災を乗り越える/福和伸夫。第回。令和と地震; 第回。地震?火山が育む日本社会; 第回。南海トラフ地震
を凌ぐ; 第回。産業レジリエンスとサプライチェーン; 第我が国は。製造業の
国際競争力で世界第の経済力を得ましたが。製造品出荷額の割を予想被災地域
が担っています。多数の仕入れ先と納品先がサプライチェーンを組んでモノ
づくりをしていますから。あらゆる工場が早期復旧し。ライフラインや愛知県
の中でも。自動車産業が集中する西三河地域で神奈川県を凌ぐ兆円を稼いでい
ます。

日本企業の「レジリアンス経営」の現状と課題。1.はじめに 2.レジリアンスと 3.日本企業の 策定の現状 4.
東日本大震災とインテルの事業継続性の年。想定を越える大規模な地震や集中
豪雨など。企業に多大な損害をもたら型地震や南海トラフ巨大地震などによる
自然災害に国の政策上備える必要性ス」は。壊滅的な被害となる困難な状況を
事前に防止?減災する。また。たや民間専門業者 からの支援が必要であ
ろう。設部門であるインテルの法人マイクロチップ製造工場建設部門を投入
する。

基本的に行政の想定は全体として甘いと思います例えば想定されている南海トラフを震源とした広域の地震の場合の最大の被害では建物倒壊に伴う死亡約6万人?要救助者数約25万人 津波被害に伴う死亡約22万人?要救助者数約3万5千人 火災による死亡約2万人 帰宅困難は1000万人とも言われています死者を除く要救助者数だけでも最大で約28万5千人 震災発生後3日程度経過した時点で500万人が避難所で過ごすという予測もあります陸上自衛隊だけを考えると その数は最大で15万と少しであり装備にも限界があります国の防衛を行いつつ災害に対応することになりますから災害初期にはある程度まとまった数が派遣され その後は数を減らし交代で対応が行われるのではと推測します もちろん消防や警察をはじめ他の自衛隊や医療関係者も対応するとは思いますが この数は行政による救助が難しいというよりも防災上で考えると速やかな救助は無理だと想定しておいても不都合はないと思います本気でこの数を助けるのであれば平時から国民一人一人の防災意識を啓発しておいて自分達で自分達を守ってもらい要救助者を可能な限り減らすこと以外には選択肢が無いのではと国民側としても救助側を頼るのではなく自分達で解決するという姿勢が無ければ要救助者が多くなってしまうでしょう 僕は全国規模の広域災害の場合は行政や国でさえ対応が難しくなると思いますので救助する側により負担をかけないことが大切になると考えています自衛隊等に救助されるばかりでなくもう一歩踏み込んで自分達が自衛隊等の救助する側の負担を減らすことにより国民側が自衛隊等を守るという考え方ですつまり個人の事前防災こそが広域災害に対応する要だと僕は個人想定をしていますこんな感じの甘さですから他の被害想定も同じように甘いと思います大阪府や堺市などが液状化のハザードマップを作っているのですが、泉北港の中でも津波や液状化リスクが高いのは一部なので、心配されているよりは被害は小さいと思います。工業用地の地震対策は住宅地よりも進んでいます。それはともかくとして、南海トラフ地震の被害予測はどこまで考えるか、でいろいろな種類があります。現在の予測は、ほぼすべて原因の地震や津波については最大限のものを考えるというのが前提です。被害の範囲をどこまで考えるか、はバラバラです。内閣府防災が出している予測は、こちらで紹介されていますが、第二次報告で生産設備が被害を受けたあとのことまで一部考慮されています。一部になっているのは、各企業の対策についてはすべて調査できていないという理由です。産業界では地震後に生産を継続するためのプランを策定して、対策を進めていますので、この報告が発表されたときよりも、状況はよくなっているでしょうか。いろいろ心配でしょうが、まず想定の内容を確認するのがよいように思います。公的な想定は全部甘いのだと決めつけるような姿勢が一番よくありません。分かっていることと分かっていないことをはっきりさせるのが大事です。被害には一次被害と二次被害があります。一次被害は地震や津波など、災害そのものが原因となる人的、物質的な被害で、行政などの試算はこの範囲とするのが原則です。二次被害は一次被害を受けたことによる未収利益などに関する損失で、一次被害の程度によって変化してくるため、原則としては試算に含めません。行政としては一次被害を防ぐことを最優先として考慮し、二次被害へと及ばないような対策を講じる事となります。

  • 新型コロナ: 創価学会
  • あなたのその言動NG エントリーした企業から電話がかかっ
  • タッチパネル用フィルター 投票などはないと思うので何とな
  • 国内旅行1泊上限2万円 トラベルですが国からの援助がある
  • サインアップ 気になりオペレーターに電話したさいに審査は
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です